デジタルブレイン- 消費財

400種類以上のビールブランドをグローバルに展開している世界最大級のビール会社の事例

同社は、SAP/APOに代わって、あらゆる期間にわたるエンド・ツー・エンドのプランニング、 32か国以上にわたるグローバルな展開、そしてAIベースの予測、MEIO、Control Tower、LPの最適化、リバース・ロジスティックス・プランニングなどのクラス最高のテクノロジーを活用することを決定しました。

サステイナビリティへの影響

食品ロスの削減と物流の迅速化。

ビジネススコープの課題

予測
予測精度が低かった。
遅行指標は主に予測プロセスで使用されていた。

オポチュニティ
o9によって、社内外の需要要因をo9の高度に差別化されたML予測機能に組み込むことができ、予測精度の向上、固定概念なく営業へインサイトの提供が可能になりました。

シナリオプランニング
同社は、迅速でインテリジェントな需要と供給のシナリオを実行することができませんでした。主要なシナリオはすべてスプレッドシートで作成されていたため、最適な意思決定ができませんでした。

オポチュニティ
o9によって、彼らは考えられるすべての制約(賞味期限、キャンペーン、物流容量、保管など)を考慮して、高度な需要と供給を一致するアルゴリズム(ヒューリスティックとLP)を実行し、それに応じてシナリオに変換しました。

サイロ化された計画
時間軸(戦略、戦術、運用)にわたる主要な計画プロセス(需要計画、供給計画、S&OP、S&OE)はすべて、点を点を結びつけることなくサイロで実行されていました。

オポチュニティ
o9によって、同社は単一の統合されたクラウドネイティブなプラットフォーム上で、すべての時間軸にわたって、すべての機能とすべての計画プロセスを接続する独自の機能を得ました。

バリューデリバリー(顧客価値)

実装されている主な機能
o9のEKG(エンタープライズ・ナレッジ・グラフ)は、市場、需要、供給に関する知識モデルを構築するために使用されました。これにより、単一の統合されたプラットフォーム上ですべての期間にわたって、すべてのカテゴリー、ブランド、チャネル、アカウントに関するすべての主要な計画プロセスを実行できるようになりました。o9はオープンアーキテクチャを活用して、独自に開発したLPソルバーをGurobiに組み込み、予測アルゴリズムをRとPythonに組み込みました。

リプレイスしたシステム
SAP APO

お客様へのメリット

成功要因 -o9が選ばれた3つの理由

  1. o9の高度に差別化されたナレッジグラフは、すべての重要な機能を単一のプラットフォームに統合し、時間軸に沿った計画と分析を組み合わせているので、信頼性の高い意思決定を支援します。
  2. o9は、高度な分析、NLP、ソルバーなどの継続的なイノベーションを網羅する将来性のあるプラットフォーム提供します。
  3. 上流のサプライチェーンノードとマーケットノードをつなぐ機能。o9の高度に差別化されたデジタルツインを活用することで、制約とコストに関するエンドツーエンドの可視性を実現します。

KPIへの影響

  1. サプライチェーンコストの削減(変動、ロジスティクス)。
  2. 在庫の大幅な改善。
  3. 販売ロスの削減。

あなたの会社にデジタルブレイン