Skip to main content

2022年3月22日 ダラス発 − 計画と意思決定を変革する企業向けAIソフトウェアプラットフォームのリーディングプロバイダーo9 Solutionsは、デジタルソリューション・コンサルティング・ソフトウェア企業であるvalantic社とのパートナーシップを締結しました。
このパートナーシップにより、valanticはドイツ・オーストリア・スイスの顧客にo9DigitalBrainプラットフォームを提供し、サプライチェーンプランニング能力を最大限に高めることが可能となります。このパートナーシップにより、valanticはドイツ・オーストリア・スイスの顧客にo9デジタルブレイン・プラットフォームを提供し、サプライチェーンプランニング能力を最大限に高めることが可能となります。

o9 デジタルブレインは、企業内のデータと外部の市場データを結びつけ、エンタープライズ・ナレッジグラフ(EKG)と呼ばれる企業知識の統合リポジトリを作成することで、より良質で、より迅速なプランニングと意思決定を大規模に行うことを可能にするプラットフォームです。このプラットフォームには、需要計画(DP)、販売・業務計画(S&OP)、サプライチェーン・コントロールタワー(SCCT)、サプライチェーン・マスタープランニング(SCMP)、統合事業計画(IBP)、収益成長管理(RGM)などの構成済みソリューションが含まれています。

valantic社のパートナーであり、valantic Supply Chain Excellenceのマネージングディレクターであるマーティン・ホーファーは次のように述べています。
「valanticの技術的専門知識と数十年にわたるサプライチェーンの卓越したプロジェクトの経験は、様々な業界の大手グローバル企業の戦略から具体的な実現までのデジタル・トランスフォーメーションを支援してきました。私たちのSCMコンサルティングは、すべての水平および垂直の付加価値プロセスを考慮に入れています。革新的なo9プラットフォームにより、コンサルティングサービスの範囲はさらに拡大し、サプライヤーから販売時点までのすべてのプロセスをカバーする確立されたクラウドソリューションを活用することができるようになりました。私たちはこのことに大きな可能性を感じています。」

o9ソリューションズのCOO兼社長であるイゴール・リカロは次のように述べています。
「ドイツ語圏の市場における当社のポジションを大幅に向上させる導入パートナーとしてvalantic社と提携できたことを喜ばしく思います。私たちは、企業というのは全社のすべてのプロセスの全体像をリアルタイムに把握できてこそ、初めて正しい意志決定を行うことができるのだという同じ信念を共有しています。」

valantic社のマーティン・ホーファーはさらに次のように述べています。
「私たちのコンサルティングでは、常にエンドツーエンドのサプライチェーンに沿ってプロセスを検討することを推奨しています。これは、オープンかつ透明性のある方法であり、お客様のためにこれらのプロセスを最適化し、自動化することを意味します。o9 ソリューションズによって、透明性のある情報をリアルタイムで提供する優れたソフトウェアソリューションを提供できることを嬉しく思います。これにより、企業はより迅速かつ理知的にプロセスを設計し、データに基づいた最適な意思決定を行うことができるようになります。」

:o9 Solutions

o9は、計画、分析、データを最適化するためのAIプラットフォーム“デジタルブレイン”を提供しています。このソリューションにより企業は、従来の低速でサイロ化された計画を排し、コアサプライチェーン、販売、損益管理といったプロセス全体をスマートに統合、インテリジェントな計画と意思決定へと転換を図れるようになります。 さらに、o9のデジタルブレイン・プラットフォームを活用することにより、データの品質を大幅に向上させ、需要と供給のリスクと機会を早期に検出し、需要をより正確に予測。同時にwhat-ifシナリオをリアルタイムで評価し、需要と供給をインテリジェントに一致させることができます。また、統合されたサプライチェーンと販売計画および意思決定を中心に、顧客、内部利害関係者、サプライヤー間での連携とコラボレーションも推進します。そして、パートナーのグローバルエコシステムによってサポートされているo9の革新的な提供メソッドにより、企業は顧客サービス、在庫レベル、リソース使用率、ESG(環境・社会・ガバナンス)および財務KPIの改善に迅速に対応すると同時に、エンドツーエンドの計画と意思決定の機能を長期的かつサステナブルに変革していくことを可能にします。