Skip to main content

2022年3月29日、ダラス – — プランニングと意思決定を変革する大手エンタープライズAIソフトウェア・プラットフォーム・プロバイダーであるo9ソリューションズは本日、ホームコンフォートとセキュリティソリューションの世界的大手企業でセキュリティとAV製品を販売するResideo Technologies社に、同社のデジタルブレインプラットフォームを提供することを発表しました。o9 Digital Brainプラットフォームは、ResideoのProducts & Solutions事業を支援し、効率的なエンドツーエンドのプランニングと迅速な意思決定を可能にし、北米、EMEA、APAC地域における事業運営の最適化を支援するために導入されます。

Resideo社は、業務の簡素化と合理化を進める一環として、o9 SolutionsのSaaSプラットフォームを導入し、エンドツーエンドのサプライチェーン計画最適化のための単一プラットフォームへのデータ集約と保存を可能にします。また、財務計画やモデリング機能など、商業、業務、財務の各計画間の調整も強化できるようになります。

Resideo社のグローバルセールスオペレーションVPであるゴンカロ・コンデ氏は次のように述べています。「o9 SolutionsのAIプラットフォームは、私たちが目指すサプライチェーンの効率化を実現し、お客様のニーズにより良く応えることを可能にすると確信しています。」

o9 Solutionsを代表して、最高執行責任者のイゴール・リカロは次のように述べています。「 “Resideo社は、テクノロジーによって日常生活が簡素化する世界という素晴らしいビジョンを持っています。o9は、Resideo のサプライチェーン計画能力の向上を支援することによって、このビジョンに関わることができることを楽しみにしています。」また、「o9 Digital Brainプラットフォームにより、Resideo社は、これまでサイロ化されていた情報を結びつけ、データを知識に変換することで、より良い迅速な意思決定を行うことができるようになります」とも述べています。これにより、Resideo社は世界中の住宅所有者に高品質のホームセキュリティとエネルギー効率化技術を提供し続けることができます。」

ABOUT RESIDEO

Resideo社は、世界中の顧客に快適性、セキュリティ、エネルギー効率、制御を提供する技術主導型の製品およびソリューションの世界的な大手製造・販売業者です。130年の伝統に基づき、Resideo社は1億5千万世帯以上の家庭で利用されており、毎年1千5百万台のシステムが家庭に導入されています。世界約200カ所の在庫拠点から100カ国以上に輸出しているADIグローバル・ディストリビューション事業を含む、大手販売代理店を通じて、11万人以上のプロフェッショナルにサービスを提供しています。Resideo社についての詳細は、www.resideo.comの方にてご参照ください。

:o9 Solutions

o9は、計画、分析、データを最適化するためのAIプラットフォーム“デジタルブレイン”を提供しています。このソリューションにより企業は、従来の低速でサイロ化された計画を排し、コアサプライチェーン、販売、損益管理といったプロセス全体をスマートに統合、インテリジェントな計画と意思決定へと転換を図れるようになります。 さらに、o9のデジタルブレイン・プラットフォームを活用することにより、データの品質を大幅に向上させ、需要と供給のリスクと機会を早期に検出し、需要をより正確に予測。同時にwhat-ifシナリオをリアルタイムで評価し、需要と供給をインテリジェントに一致させることができます。また、統合されたサプライチェーンと販売計画および意思決定を中心に、顧客、内部利害関係者、サプライヤー間での連携とコラボレーションも推進します。そして、パートナーのグローバルエコシステムによってサポートされているo9の革新的な提供メソッドにより、企業は顧客サービス、在庫レベル、リソース使用率、ESG(環境・社会・ガバナンス)および財務KPIの改善に迅速に対応すると同時に、エンドツーエンドの計画と意思決定の機能を長期的かつサステナブルに変革していくことを可能にします。