Skip to main content

シドニー 2022年4月13日 – :プランニングと意思決定を変革する大手エンタープライズAIソフトウェア・プラットフォーム・プロバイダーであるo9ソリューションズは、同社の革新的なプランニングと意思決定プラットフォームへの需要が高まる中、地域の顧客ベースをサポートするために、オーストラリアとニュージーランドに進出したことを発表しました。

o9ソリューションズの社長兼最高執行責任者のイゴール・リカロは次のように述べています。「グローバルな顧客にこの価値を提供することは当社の最優先事項であり、オーストラリアとニュージーランドの市場はo9にとって非常に重要です。オーストラリアとニュージーランドの幅広い業種の企業が、計画・実行プロセスにおける高度な分析の統合と採用を促進するために、AIを搭載したo9の革新的なデジタルブレインプラットフォームを求めるようになってきています。この地域における当社の存在感を高めることは、サプライチェーン、商業、統合ビジネスプランニング能力をデジタル変革に乗り出す企業にとって、当社が最適なパートナーであることを保証するために極めて重要です。」

o9のオーストラリア・ニュージーランドのチームには、企業向けテクノロジーの精通者やサプライチェーンの専門家がおり、複雑なビジネス課題の解決、デジタル変革の推進、次世代プランニングソリューションの提供に関する幅広い専門知識と経験を持っています。今回の拡張は、o9の直近の財務発表に基づくもので、22年第1四半期の年間経常収益(ARR)が前年同期比で3倍以上に増加したことを意味します。この成長は、主に世界中の新規顧客によってもたらされたものです。

o9のオーストラリア・ニュージーランド担当セールスディレクターであるAlejandro Rosalesは、次のように述べています。「o9は、お客様に優れた価値を提供することに専念しています。オーストラリアとニュージーランドに拠点を設けることで、この目標を達成することができます。当社のチームは、オーストラリアのシドニーとメルボルンに分散しており、ニュージーランドのオークランドも視野に入れています。世界のこの重要な一角での継続的な拡大により、お客様や現地のパートナーとより密接に協力し、o9の革新的なプラットフォームを現地市場に提供することが可能になります。」

o9 Solutions

o9は、計画、分析、データを最適化するためのAIプラットフォーム“デジタルブレイン”を提供しています。このソリューションにより企業は、従来の低速でサイロ化された計画を排し、コアサプライチェーン、販売、損益管理といったプロセス全体をスマートに統合、インテリジェントな計画と意思決定へと転換を図れるようになります。 さらに、o9のデジタルブレイン・プラットフォームを活用することにより、データの品質を大幅に向上させ、需要と供給のリスクと機会を早期に検出し、需要をより正確に予測。同時にwhat-ifシナリオをリアルタイムで評価し、需要と供給をインテリジェントに一致させることができます。また、統合されたサプライチェーンと販売計画および意思決定を中心に、顧客、内部利害関係者、サプライヤー間での連携とコラボレーションも推進します。そして、パートナーのグローバルエコシステムによってサポートされているo9の革新的な提供メソッドにより、企業は顧客サービス、在庫レベル、リソース使用率、ESG(環境・社会・ガバナンス)および財務KPIの改善に迅速に対応すると同時に、エンドツーエンドの計画と意思決定の機能を長期的かつサステナブルに変革していくことを可能にします。