:o9デジタルブレイン

デジタルブレインには、弊社特許取得済みのEKG(エンタープライズナレッジグラフ)が搭載されています
Ekg 3d cube mobile white

計画や意思決定において、このような共通の課題に直面していませんか?

サイロ化された計画と分断された意思決定 – すべてのグローバル企業には、需要計画、サプライチェーン計画、収益/コマーシャル計画、製品計画、財務計画など、無数の計画プロセスがあり、それぞれが異なる計画と意思決定を行います。これからの計画プレセスは通常、時間がかかり、サイロ化され、逐次的であるため、今日のビジネスの複雑性、変動制、および規模に対応することができません。

データ 対 ナレッジ – 同時に、内部ソールからも外部ソールからも、より多くのデータが得られるようになります。企業は、記述的な分析を行っていますが、これらすべてのデータから学習して知識に変換し、より適切で迅速な意思決定をおこなうことには限界があります。

価値漏洩 – これは、企業にとって最も重要な価値創造の機会です。グローバル企業は、売上の損失、サプライチェーンコストの増加、在庫の増加、組織の生産性の低下など、数十億ドル規模の価値の流出を経験しています。また、グローバルなサプライチェーンが希少な資源をうまく活用できず、地球に悪影響を与えていることは言うまでもありません。

解決策:プラットフォーム-o9のデジタルブレイン-が実現する次世代の統合ビジネス計画(IBP)機能。

Chakri Gottemukkala(CEO兼共同創業者)の動画をご視聴ください。「なぜ、すべてのビジネスでデジタルブレインが必要とされているのか」

デジタルブレインとは?

Digitalbrain data

データセンシング – すべてはデータから始まります。

o9プラットフォームは、ERPのようにあらゆるデータソースに接続するだけでなく、CRM、調達、倉庫、工場などのアプリケーションのデータを統合することができます。さらに重要なのは、外部ソースにも接続できるため、今日ではほとんどプランニングに活用されていない消費者、市場、POS、IoTなどのデータを活用できることです。

Digitalbrain knowledge

ナレッジの構築

社内および社外の複数のソースから送られてくるデータを統合することは、最初のステップに過ぎません。データが他のデータと結びつくことで価値が生まれます。時間の経過とともに、これらの結びついたデータがプラットフォームに取り込まれると、人間の知識に相当するものがうまれます。独自に開発したEKG(エンタープライズナレッジグラフ)は、企業のための知識の創造を可能にするo9のテクノロジーです。

Digitalbrain decisions

意思決定

最後に、これらすべてのデータと時間をかけて得られた知識を活用する目的は、より良い意思決定を促進することにあります。o9デジタルブレインには、サプライチェーンやサプライチェーンに関連するすべての重要な計画活動(需要計画、より一般的には収益計画、供給計画、S&OP、S&OE、IBP、長期計画などの需要側と供給側を結びつけるためのすべての活動) に対するサポートが含まれています。

デジタルブレイン構築方法 – テクノロジー観点

Umesh Arasu(製品管理担当エグゼクティブバイスプレジデント)

未来を見据えたプラットフォーム

o9プラットフォームは、3つの主要なクラウドプロバイダーのいずれでも動作するクラウドネイティブなアプリケーションとして、制約なく拡張することができます。さらに、o9プラットフォームは、オープンプラットフォームとして設計されています。企業は、スマートフォンアプリからの顧客データやコネクテッドマシンからのIoTデータなどの新しいデータソースや、新しいアルゴリズムを活用してまったく新しいユースケースを実現することができます。

o9デジタルブレインは、企業にとって最も価値のあるプラットフォーム (MVP) です。これにより、デジタルネイティブでない企業もデータの力を活用できるようになり、既存のビジネスのデジタル化と、将来に備えたデジタルオペレーティングモデルの両方を実現できます。

詳細についてはお問い合わせください