通信業界 デジタルブレイン

お客様は、ドイツの通信会社がモバイル通信子会社として使用するブランド名で事業を展開しております。展開地域は、チェコ共和国、オランダ、ポーランド、及び米国です。

お客様は、5Gの展開、カバレッジ戦略、及び最近の合併に関連する、携帯基地局の需要と在庫計画における課題を抱えていました。

サステナビリティへの貢献

輸送に伴う移動を減少させ、更に在庫を削減しました。

業務範囲での課題

予測精度

需要と在庫の計画のための様々なシステムがあり、合併により需要は急増しましたが、お客様はこの需要を正確に予測できませんでした。約1,000の新しい基地局が必要で、それぞれ約32,000のコンポーネントで構成されているため、需要計画は複雑でした。

o9の支援

各プロセスを連動させ、需要を正確に予測しながら、適切な場所で適切な在庫を計画することができました。

フェーズイン/フェーズアウト

ネットワークを5G携帯基地局にアップグレードする際に、計画上の課題に直面しました。3G、4Gから5Gへの移行には、高度なフェーズイン、フェーズアウトの計画が必要でした。

o9の支援

フェーズインとフェーズアウトの計画に関する優れた分析結果が得られ、アップグレード問題の解決、古いアイテムの回収リスクの軽減や効率的な管理を実現しました。

エンドツーエンドの可視化

サイロ化されたオペレーションで運営されており、在庫、サプライヤーの能力、携帯基地局の設置ベース、5G基地局の新たな需要などの可視性に欠けていました。

o9の支援

バリューチェーンの各プロセスを連携することが可能になりました。新しい基地局の需要から主要サプライヤーの統合まで、お客様はすべてのプロセスでエンドツーエンドの可視性を実現しました。

価値提供

実装したコア機能

o9エンタープライズナレッジグラフ(EKG)は、需要計画、供給計画、フェーズイン・フェーズアウト計画、統合ビジネス計画(IBP)に活用され、PowerPointやスプレッドシートなどからデータドリブンな計画や意思決定へと移行することができました。

リプレースしたシステム

Excel・SAP・自社開発システム

享受したメリット

成功要因―o9を採用した3つの理由

  1. o9プラットフォームは、すべての主要なプランニングワークフローをまとめることができ、データを知識・情報に変換することができました。この知識・情報と分析を組み合わせることで、計画プロセスと意思決定が進化しました。
  2. 個々の携帯基地局のコンポーネントをエンタープライズナレッジグラフ(EKG)に接続し、場所、天候などのデータに基づくメンテナンス、サービス、補充の決定を実現するなど、将来を見据えた構成になっていました。
  3. 新しい5G携帯基地局の需要から重要なサプライヤーとの統合まで、バリューチェーン全体を連携できる能力を評価しました。

達成したKPI

  1. 在庫を削減しました。
  2. フェーズインとフェーズアウトをより適切に管理し、部品などの陳腐化を抑制しました。
  3. 市場拡大への迅速な対応、例えば新しい基地局の展開をスピードアップしました。

デジタル・ブレインの採用で広がる可能性を確かめる