鉄鋼業界 デジタルブレイン

お客様は、世界で最も広範な地域に展開する鉄鋼生産者の一社であり、26ヶ国で事業を展開、35ヶ国以上に営業所を置いています。お客様のグローバル・ワイヤー・ビジネス(GWB)は、鋼線メーカーとしては、世界最大規模の一社です。

オンタイム・イン・フル(OTIF)による顧客サービスの評価は、競合他社に比べ非常に低いものでした。さらに、生産能力と原材料の計画プロセスは完全にマニュアル作業に依存し、正確性に欠けていたため、過剰在庫、欠品、工場の稼働率低下を招いていました。

サステナビリティへの貢献

余剰在庫を回避し、緊急対応を削減しました。

業務範囲での課題

原材料計画の精度

原材料計画が不正確であったため、詳細なBOM構成、リードタイム、代替ソースを供給モデルで考慮できず、エクセルでの検討を行っていました。

o9の支援

詳細なBOM、材料、キャパシティ制約、リードタイムを含むマスター計画が可能になり、原材料計画の精度が大幅に向上しました。

キャパシティ計画

適切なキャパシティ計画を欠いており、正確な在庫の配分が困難な状況でした。

o9の支援

需要計画と統合されたシナリオベースのキャパシティ計画を活用し、営業担当者毎の予算を正確に判断できるようになりました。

納期回答

詳細なオーダー計画のためのツールがないため、納期回答は正確ではありませんでした。

o9の支援

o9のプラットフォーム上でマスター計画と納期回答を実行するためのツールを利用することで、煩雑な作業を省き、計画プロセスの精度を向上させることに成功しました。

価値提供

実装したコア機能

o9エンタープライズナレッジグラフ(EKG)は、需要、キャパシティ、マスター計画、納期回答を含む、エンドツーエンドでの計画プロセスに使用されました。シナリオを比較・検討し、リアルタイムで需要と供給を同期させることができる機能は、お客様にとって大きな変化となりました。

リプレースしたシステム

自社開発ソリューション・Excel

享受したメリット

成功要因―o9を採用した3つの理由

  1. 鉄鋼業界での経験とその課題克服へのノウハウが活用できました。
  2. 計画の精度を高め、実行上のリスクを特定するプラットフォームの機能を活用できました。
  3. 受注業務や営業チームのカスタムワークフローなど、実行レイヤーを追加できるプラットフォームの柔軟性と拡張性を利用できました。

達成したKPI

  1. OTIFレベルを大幅に改善しました。
  2. 在庫を大幅に削減しました。
  3. リスクマネジメントの計画精度が向上しました。

デジタル・ブレインの採用で広がる可能性を確かめる