製薬用 デジタルブレイン

お客様は2012年に設立され、韓国の仁川に本社を置いています。業界で最も急速に進歩しているバイオ後続品(バイオシミラー医薬品)企業の一社です。

お客様は、サプライチェーンのデータをエンドツーエンドで完全に可視化することができず、ERPシステムは主に財務情報のために使用されていました。同社のビジネスは継続的に成長しており、より多くの新製品が発売されるため、製品の流れやサプライチェーンの計画をより良く管理するシステムが必要とされていました。

サステナビリティへの貢献

予測精度の向上により、緊急配送、余剰在庫の削減が可能になりました。

業務範囲での課題

エンドツーエンドでのプロセス可視化

主に財務データを重視していましたが、部品構成(BOM)や物流構成(BOD)、計画項目、在庫の可視性などのサプライチェーン関連データを生成・管理するためのシステムが確立されていませんでした。

o9の支援

サプライチェーンのデジタルツインとERP(SAP)の統合を実現し、サプライチェーンデータをエンドツーエンドで可視化することを可能にしました。

サプライチェーン・マスター計画

サプライチェーン・マスター計画が存在しませんでした。プランナーはサプライチェーン関連データを、マーケティングチームは関連するデータを、それぞれサイロ化されたExcelシートで管理しており、整合性を欠いていました。

o9の支援

マスター計画に単一の統合プラットフォームを使用することができ、マニュアル作業を減らして、整合性を確保することができました。

階層的な計画プロセス

プランナーがマニュアル作業で供給計画を作成するため、品目レベルの詳細を考慮することができませんでした。製造リードタイム、ロットサイズ、歩留まりなどはSKU単位ではなく、製品グループ単位で管理されていたため、必要な精度と粒度が欠けていました。

o9の支援

o9プラットフォームの集計・分解機能を使って、適切なレベルの情報を、適切な階層でモデル化することができました。

価値提供

実装したコア機能

o9エンタープライズナレッジグラフ(EKG)を活用し、シナリオ比較・検討、単年度事業計画、中長期計画をなどを含む、マスター計画(グローバルレベルでの需給調整)を展開することができました。o9プラットフォームは、お客様のERP(SAP)とデータ連携されています

リプレースしたシステム

自社開発ソリューション、Excel

享受したメリット

成功要因―o9を採用した3つの理由

  1. 技術面のレビューを通じて、o9の高いコンサルティング能力と、豊富な経験を活用することができました。
  2. シナリオ比較・検討機能など、柔軟なプラットフォームの機能が活用できました。
  3. 関連会社とのパートナーシップ

達成したKPI

  1. 正確に在庫を把握できるようになりました。
  2. 制限化学物質リスト(RSL)の検証・検討などにより、在庫の陳腐化を防止しました。
  3. 中間品を含むSKUレベルの供給計画を作成できるようになりました。

デジタル・ブレインの採用で広がる可能性を確かめる