製造業 デジタルブレイン

お客様は、荷役機器製造や関連するソリューションの世界的企業です。お客様のゴールは、サステナビリティで業界をリードすることであり、その商品やサービスは、世界の流通・物流を、これまでよりスムーズでスマート、かつサステナブルに変えていきます。

お客様は、グローバル規模、かつエンドツーエンドでのサプライチェーンのDXを目指していました。その目的に特化したプロジェクトにより、スピード、自動化、リアルタイム、透明性・可視性といったキーワードで業務プロセスの効率化にフォーカスしています。

サステナビリティへの貢献

在庫の削減と、ロジスティクスの最適化を実現しました。

業務範囲での課題

予測に関するケイパビリティ

お客様のコンテナ事業では、適切な予測機能やケイパビリティが不足しており、最終的な確定オーダーが、ほぼ唯一の意思決定の根拠になっていました。

o9の支援

o9の導入により、お客様は需要計画に関するすべてのデータや情報を俯瞰することができ、その情報を社内外のステークホルダーとシェアしてコラボレーションに活かすことが可能になりました。

デリバリーのリードタイム

コンテナ事業は受注仕様生産ビジネスであり、受注から納品までは2~4ヶ月、プロジェクト全体では6ヶ月程度が必要でした。顧客満足度向上のため、DXプロジェクトでは、この期間の短縮を目指しました。

o9の支援

商品グループ別の予測を参照することが可能になり、複数のシナリオを分析してBOMや装着率を適用して、主要なコンポーネントの需要や在庫を計画できるようになりました。

計画に関するケイパビリティ

お客様では、財務チームがオーダーの状況を確認したり、将来の売上を計画したりするのに活用できる、ツールやケイパビリティが充分ではありませんでした。

o9の支援

o9の機能を活用して数量単位の需要計画を金額に換算し、オーダー別のリース期間など、様々な契約条件も反映することができるようになりました。

価値提供

実装したコア機能

エンドツーエンドでの計画プラットフォームにより、需要計画・供給計画・S&OP・コントロールタワー・在庫計画・生産スケジューリングの各機能を導入しました。o9デジタル・ブレインは、ERP(SAP/HANA)やCRM(セールスフォース)、輸配送管理システム(Oracle)と統合され、生産スケジューリングでのパイロットプロジェクトも実施されました。

リプレースしたシステム

Excel

享受したメリット

成功要因―o9を採用した3つの理由

  1. o9プラットフォームは、業界特有の要件に対応することができました。
  2. ERPやCRMとの統合が可能でした。
  3. スピーディーな導入が実現できました。

達成したKPI

  1. 需要予測の精度が改善しました。
  2. 主要コンポーネントの欠品が減少しました。(需要予測の精度改善と、スケジュール管理・BOM展開により実現)
  3. 計画関連プロセスの業務効率改善

デジタル・ブレインの採用で広がる可能性を確かめる