アパレル業界 デジタルブレイン

お客様は、インドのムンバイに本社を置く多国籍コングロマリット企業です。 34か国で運営され、12万人以上の従業員がいます。このコングロマリットは、グローバルフォーチュン500に含まれています。

お客様は、シーズン末に余剰在庫や売れ残りを抱えていました。これは、様々なレベルでの需要、供給、在庫の包括的な把握ができていなかったことが原因でした。シーズン前とシーズン中の需要・供給計画作成はマニュアル作業で行われ、工場の生産キャパシティに関する制約は、考慮されていませんでした。

サステナビリティへの貢献

必要以上の調達や緊急配送を低減し、在庫を削減しました。

業務範囲での課題

在庫予測

シーズン終了後には、余剰在庫・売れ残り在庫が発生し、収益に影響を及ぼしていました。

o9の支援

全ブランドの在庫計画・レビューのプロセスが自動化されました。売上実績、入荷フロー、在庫状況を店舗・商品カテゴリーレベルで予測できるようになり、予測精度が大幅に向上しました。

マニュアル作業による計画策定

シーズン前とシーズン中の需給計画をマニュアル作業で管理していたため、時間がかかっていました。

o9の支援

キャパシティ計画と原材料計画を導入し、供給計画機能を活用して、過剰在庫や在庫切れを防止することができるようになりました。

生地予測の精度

生地の要尺などについて、不正確な情報が多く、生地の過不足が発生していました。

o9の支援

ML(機械学習)予測機能によるキャパシティ計画や原材料計画を行うことができるようになりました。これにより、早期に予測を確認でき、また過不足の可能性を把握することにより、その発生を抑制することもできるようになりました。

価値提供

実装したコア機能

o9エンタープライズナレッジグラフ(EKG)により、単一の統合プラットフォーム上で、需要と供給のワークフローをサポートするエンドツーエンドの統合ビジネス計画(IBP)機能を実装しました。

独自のo9ソルバー機能により、生産キャパシティや生地の制約を解決し、不足分をアラートことも可能になりました。

リプレースしたシステム

自社開発ソリューション・Excel

享受したメリット

成功要因―o9を採用した3つの理由

  1. o9エンタープライズナレッジグラフ(EKG)は、すべての主要な機能を一つのプラットフォームに統合していました。
  2. 時間軸や属性レベルを超えた計画と分析を組み合わせることで、より優れた意思決定が可能になりました。
  3. 高度な分析、自然言語処理(NLP)、ソルバーなどの継続的な技術革新により、将来を約束されたプラットフォームでした。

達成したKPI

  1. 規格外のサプライチェーンコスト(緊急生産、緊急配送)を削減しました。
  2. 在庫の大幅な改善を実現しました。
  3. 売上減少の機会を抑制しました。

デジタル・ブレインの採用で広がる可能性を確かめる