パーソナルケア業界 デジタルブレイン

1994年に設立されたこの革新的な美容業界のリーダーは、2,000ものSKUをカバーする合計15のブランドを販売し、マスマーケット、ヘア&ビューティーサロン、セレクトショップなど、さまざまな流通チャネルを活用しています。

お客様では、新型コロナウイルス感染症の流行などにより、実店舗から、オンライン販売への大幅なシフトが起きました。このシフトに伴い、アグレッシブな成長計画をサポートし、需要ドライバーをより深く理解するための、将来性のあるプランニングツールが必要となりました。さらに、Excelに大きく依存していたため、遅延やサイロ化したプロセスが発生していました。

サステナビリティへの貢献

商品の廃棄、在庫を削減しました。

業務範囲での課題

需要検知

5つの販売チャネルにおける主要な需要ドライバーについて、包括的な理解が不足していました。

o9の支援

デマンド・センシング機能を活用し、eコマースと一般的なチャネル間などで発生しているシフトの要因を分析、把握できました。

計画の粒度

必要な粒度で計画を立てることができず、欠品や納期遅れが発生していました。

o9の支援

2,000SKUすべてについて、予測に適した粒度レベルを決定し、高い粒度での需要計画を作成することができました。

マニュアル作業に頼った計画プロセス

デマンドプランナーは、殆どの時間をExcelでの作業に費やし、より高度な戦略的タスクに集中するための時間配分ができませんでした。新製品導入の影響分析など、多くのマニュアル作業が必要でした。

o9の支援

例外処理ワークフローとML(機械学習)ベースの新製品予測などで、マニュアル作業を削減できました。

価値提供

実装したコア機能

o9エンタープライズナレッジグラフ(EKG)を使用して需要モデルを構築し、単一の統合プラットフォームですべての製品ラインの主要な需要計画プロセスを実行しました。更にo9のオープンアーキテクチャを活用し、Matelabs.aiとのデータ統合を実現しました。

リプレースしたシステム

Excel

享受したメリット

成功要因―o9を採用した3つの理由

  1. 様々なモデリングが可能な、プラットフォームの柔軟性
  2. CPG業界における知識と経験、更にチームワークの組み合わせによる価値の共有が可能になりました。
  3. 取り組み事例の品質が競合他社と比較して高く、かつそれをプロセスとしてプレゼンすることが可能でした。

達成したKPI

  1. 需要ドライバーの理解が大幅に改善されました。
  2. 予測精度が向上しました。
  3. プロセス横断的な自動化により、貴重なリソース、時間を確保できました。

デジタル・ブレインの採用で広がる可能性を確かめる