小売業界 デジタルブレイン

お客様は、様々な商品やサービスを「エブリデー・ロープライス」と言われる戦略で販売しています。米国では、いくつかの名称のオフライン店舗や、Eコマースでビジネスを展開しています。

お客様の、アパレル分野でのプロセスとシステムは古く、連携されていなかったため、長時間のマニュアル作業が発生し、オムニチャネル・リテーラーとして、ローカライズされたアパレル製品や最適なサービスを、消費者に提供することができていませんでした。

サステナビリティへの貢献

在庫の削減、及び拠点間の過剰な転送と緊急配送の低減を実現しました。

業務範囲での課題

バラバラなソリューション

スペース配分とアソートメント計画のために、多くのソリューション(約130)が存在しました。殆どが個別課題対応のみで、連携が難しい表計算ソフトベースでした。そのため、マニュアル作業が多く非効率プロセスとなっていました。

o9の支援

o9の導入により、同社はアソートメント計画全体を通じて、ビジネス上の意思決定を統合する単一プラットフォームを手に入れました。これにより、チーム間のコラボレーションと効率を向上させることができました。

アソートメントのローカライズ

各店舗のアソートメントには、地域属性などを考慮できておらず、一般的な要素のみが取り入れられていました。そのため、スペースの割り当て、アソートメント、及び消費者の需要との間にズレが生じていました。

o9の支援

o9によりお客様は、店舗別のサイズ特性、スペース利用状況や販売ボリューム、周辺地域の消費者の嗜好などを考慮した、きめ細かいアソートメント計画が可能になりました。

エンタープライズ・アナリティクス

アパレル部門では、スペース配分とアソートメントを最適化する全社的な知見を活用しておらず、チームやユーザーによってバラバラなマニュアル作業に頼っていたため、アソートメントをローカライズする能力が欠如していました。

o9の支援

o9では、高度なアナリティクスを活用し、販売ボリュームによるグルーピング、制約のない前提での需要予測、地域別のサイズ特性の作成、販売パターンに基づく店舗のクラスター化など実施しました。

価値提供

実装したコア機能

o9のエンタープライズナレッジグラフ(EKG)を使用して、完全に統合された、シーズン前のスペース配分・アソートメント計画プロセスを構築しました。これにより、単一のソリューション上で、利用可能なスペースやアソートメントのフレームワーク開発、アソートメントコンセプトの強化、購入数量や入荷時期の決定、サイズやパック構成の見直しを行いました。

リプレースしたシステム

Excel・レガシーシステム

享受したメリット

成功要因―o9を採用した3つの理由

  1. o9のコア機能を活用しながら、アパレルに特化したソリューションを開発することができました。
  2. プロセスの「ニュアンス」に合わせたソリューションの提供が可能でした。
  3. ユーザーエクスペリエンスは、様々なチームをサポートするための、直感性や柔軟性がありました。
  4. o9はクラウドシステムに依存しないので、お客様の長期的なクラウド計画に影響を与えませんでした。

達成したKPI

  1. 品揃えのローカライゼーションとサイズ展開の改善により、売上が向上しました。
  2. マークダウンの削減とバンドルの最適化により、粗利益率を改善しました。
  3. プロセスの効率化とステークホルダーとのコラボレーションが強化されました。

デジタル・ブレインの採用で広がる可能性を確かめる