小売業界 デジタルブレイン

お客様は、年間の売上が100億ドルを超える、カナダの象徴的な、最も信頼される小売ブランドの1つです。傘下には3つの主要な事業ブランドを持っており、カナダ最大規模の小売事業体です。

お客様は、消費者の需要を確実に予測し、その需要を効果的かつ効率的に充足するために、ネットワーク上に在庫を適正に配分する必要がありました。

サステナビリティへの貢献

予測精度改善により、在庫の削減と、効率的なキャパシティ稼働を実現しました。

業務範囲での課題

需要ドライバー

ファッションや季節商品の予測のために、天候、人口統計、価格、プロモーション、アソートメント、立地など、様々な外部の需要ドライバー(100種類以上)を取り込むことができていませんでした。

o9の支援

単一のプラットフォームで様々な需要制約を取り込んでモデル化し、220のオフライン店舗とEコマースチャネルにある、約50万SKUのAI・ML(機械学習)予測を強化することができるようになりました。

配分プロセス

店舗に合わせた配分を考慮せず、過去の情報をもとに、マニュアル作業で店舗配分を実施していました。

o9の支援

配分プロセスが自動化され、例外ケースのみの管理に移行したため、生産性が大幅に向上し、分析や意思決定により集中することができるようになりました。このプロセスは、ML (機械学習)ベースの需要予測、在庫戦略、店舗のサイズ特性などを考慮し、必要な商品の必要な店舗への補充をサポートしました。

店舗キャパシティ管理

各店舗では、新商品や収益性の高いスタイルを優先的に送り出すための情報が活用されないまま、キャパシティ以上の商品が投入されていました。

o9の支援

予測される稼働率を可視化し、自動補正を適用することによって、店舗のキャパシティを管理することができました。自動補正は、収益性の高いスタイルを優先して店舗に補充し、在庫問題を軽減しました。

価値提供

実装したコア機能

o9エンタープライズナレッジグラフ(EKG)を予測、配分、補充に活用しています。主な機能には、ML(機械学習)予測、オムニチャネル計画、店舗への通常・クロスドック出荷、需要主導型補充、店舗キャパシティを考慮した在庫計画、サプライチェーン・オペレーション及び店舗ネットワークの可視化などが含まれます。

リプレースしたシステム

Blue Yonder

享受したメリット

成功要因―o9を採用した3つの理由

  1. 次世代のオムニチャネル・プランニングのための高度なML(機械学習)機能を備えたオープンアーキテクチャなAIプラットフォームを実装していました。
  2. 深いリーダーシップによるノウハウの共有と活用ができました。
  3. 価値を実現するまでの時間を短縮できました。

達成したKPI

  1. 予測精度が向上しました。
  2. 在庫切れが減少し、販売機会損失が低減しました。
  3. プランナーの生産性が向上しました。

デジタル・ブレインの採用で広がる可能性を確かめる