アパレル・フットウェア業界 デジタルブレイン

お客様は、米国に本社を置き、多国籍へ展開するアスレチックアパレル及びフットウェアブランドのリーディング企業です。製品ラインには、ランニング、バスケットボール、野球、スケートボード用などの靴、アパレルなどが含まれます。

お客様のグローバルな存在感、急速に変化する市場、長いリードタイム、断片化されたマニュアルツールが、予測精度とオーダー充足率に影響を及ぼしていました。デジタルな需要・供給計画の変革によって、予測精度を高め、適切な製品を適切な場所に適切なタイミングで配置し、効率を高めることを望まれていました。

サステナビリティへの貢献

在庫や商品廃棄を削減し、流通キャパシティーの稼働率を最適化しました。

業務範囲での課題

マニュアル作業による需要予測

需要予測は長時間のマニュアル作業で行われ、市場の動向を把握して効果的に予測を作成することができませんでした。

o9の支援

ML(機械学習)分析の活用、需要ドライバーの分析と反映、属性ベースのプランニングを可能とし、プレシーズン及びインシーズン商品の世界各市場での予測精度を向上させることができました。

アジャイルな計画プロセス

原材料の集約購買について、効果的、効率的なプランニングがなされていませんでした。リードタイムが必要以上に長くなり、需要変動への俊敏性が損なわれていました。

o9の支援

原材料への換算やその購入計画、シナリオ・モデリングを活用し、サプライヤーと効果的に協力し、これまでより俊敏に行動できるようになりました。

需要・供給のマッチング

需給のマッチングは複雑でした。市場の変動に対応したり、需要場所に応じて迅速に在庫を調整したりする能力を最大化することはできませんでした。

o9の支援

サプライチェーン・ソルバーでデジタルツインを作成、適切なタイミングで在庫とキャパシティを適切な市場に配置し、需要の変動にスピーディーに対応できるようになりました。

価値提供

実装したコア機能

o9エンタープライズナレッジグラフは、市場、需要、供給に関する知識モデルの構築に活用され、単一の統合プラットフォームですべての製品、倉庫、時間軸において、主要な計画プロセスの実行を可能にしました。サプライチェーンのデジタルツインは、在庫の完全な可視化、供給の最適化、変化する市場の需要への機敏な対応を可能にしました。

リプレースしたシステム

自社開発ソリューション・Excel

享受したメリット

成功要因―o9を採用した3つの理由

  1. AI/ML(機械学習)や属性による予測など、高度な需要計画機能を可能にし、かつ長期的にも拡張可能なプラットフォームを有していました。
  2. 複数の場所、製品、リードタイム、サプライヤーにまたがる需要と供給を1つのナレッジグラフにつなげることができました。
  3. 小売、アパレル・フットウェア業界に関する知識や、業界独自の制約や価値提供に関するノウハウを活用できました。

達成したKPI

  1. 予測精度が向上しました。
  2. オーダー充足率が改善しました。
  3. 在庫最適化により回転率が向上しました。

デジタル・ブレインの採用で広がる可能性を確かめる