食品・飲料業界 デジタルブレイン

お客様は、2014年に世界最大規模の食品及び飲料会社になりました。世界的なアイコンから地元の人気商品に至るまで、2,000を超えるブランドを187ヶ国で展開しています。

お客様の統合事業計画(IBP)プロセスは、マニュアル作業で過去データに焦点を合わせているため、需要のリスクとオポチュニティを迅速に見つけることができませんでした。その結果、市場が求める最適な商品を、市場が求めるタイミングで投入することが難しくなりました。

サステナビリティへの貢献

食品廃棄、および緊急配送を削減しました。

業務範囲での課題

計画差異対策

セルイン(遅行指標)を重視するあまり、計画とのギャップやその他のリスクやオポチュニティを迅速に発見することができませんでした。

o9の支援

需要ドライバーを特定し、ギャップ検出と対応を迅速に実行することができました。

シナリオ比較・検討

ビジネスやサプライチェーンに関するシナリオは、精度の低いデータセットに基づいてExcelで作成されており、最適な意思決定を妨げていました。

o9の支援

各部門は、ビジネスシナリオを作成し、需要充足率、必要なコスト、想定マージンに関するサプライチェーンの応答を、リアルタイムで得ることができるようになりました。

意思決定

統合事業計画(IBP)に関する会議は、PowerPointとExcelで運営されていました。データや仮説にのみ焦点が当たり、マーケットに関する決定を議論できていませんでした。

o9の支援

同じ会議において、シナリオを評価し、リスクやオポチュニティを把握できるようになり、各市場のリーダーは、正確かつ迅速な意思決定が可能になりました。

価値提供

実装したコア機能

o9エンタープライズナレッジグラフ(EKG)により、市場、需要、供給の知識モデルが構築されました。知識モデルにより、単一の統合プラットフォームで、すべてのカテゴリー、ブランド、チャネル、アカウント、マーケットの統合ビジネス計画(IBP)が可能になりました。

リプレースしたシステム

SAP APO・PowerPoint・Excel

享受したメリット

成功要因―o9を採用した3つの理由

  1. o9の高度なナレッジグラフにより、様々な時間軸でのインテリジェントなプランニングが可能になりました。
  2. 営業、サプライチェーン、経理財務の各チームを、使いやすいインテリジェントなプラットフォーム上で連携しました。
  3. 業界知識、経験が豊富なo9チームとの連携が可能となりました。

達成したKPI

  1. ROIの最も高いイニシアチブを選択することにより、関連支出が削減されました。
  2. 市場機会への迅速な対応により、売上を向上させました。
  3. 計画の改善により、非標準のサプライチェーン・コスト(フレキシビリティ確保、緊急配送、調達先変更)を削減しました。

デジタル・ブレインの採用で広がる可能性を確かめる