食品・飲料業界 デジタルブレイン

お客様は、食品及び飲料業界のリーダーです。長期的な価値創造と世界クラスのブランドに焦点を当てています。

販売予測の精度が低いこと、営業チームによる予測の活用ができていないことが、お客様の最大の課題でした。更に、需要ドライバーを活用して精度の高い予測を計画、立案することができませんでした。

サステナビリティへの貢献

食品廃棄、および在庫の削減を実現しました。

業務範囲での課題

需要予測

予測精度は低く、予測プロセスにタイムリーな指標が使われていませんでした。

o9の支援

お客様は内外の需要指標(先行指標)を高度に差別化されたML予測機能に取り込むことができました。

マニュアル作業での数字の洗い出し

デマンドプランナーは、その大半をマニュアル作業に費やしていました。 Excelのスプレッドシートに時間を割き、需要変動の要因分析など、重要なことに集中する時間を確保できませんでした。

o9の支援

データドリブンな例外処理ワークフローの自動化により、集計作業という無駄な工数が削減されました。

予測との乖離

お客様では、需要予測、財務予測、販売予測を、それぞれ異なるデータセットと前提条件で作成されていました。

o9の支援

計画や意思決定を推進する単一の予測エンジンを整備することにより、部門間の効果的な調整を可能にしました。

価値提供

実装したコア機能

o9エンタープライズナレッジグラフにより、市場知識モデル(競合他社、消費者、小売業者)や、 売り切れの先行指標を組み込んだ需要知識モデル(プロモーション、マーケティングや社内外のデータ)を構築しました。o9のオープンアーキテクチャにより、RとPython上で開発された高度なアルゴリズムを有効に活用しました。

リプレースしたシステム

Blue Yonder・SAP APO

享受したメリット

成功要因―o9を採用した3つの理由

  1. 高度に差別化されたナレッジグラフは、需要の先行指標を取り込み、より正確な予測や分析に活用できました。
  2. スケーラブルでクラウドネイティブなプラットフォームと高度に差別化されたオープンアーキテクチャは、最適なアナリティクス環境を実現しました。
  3. 使いやすいユーザー画面操作によって、営業チームへのより深い導入が可能になりました。

達成したKPI

  1. 予測精度が大幅に向上し、バイアスについても、整理することができました。
  2. 在庫効率が大幅に改善しました。
  3. 販売機会損失を減少させました。

デジタル・ブレインの採用で広がる可能性を確かめる