飲食業界 デジタルブレイン

お客様は、ワシントン州シアトルに本社を置く、アメリカの多国籍コーヒーハウスとロースタリーリザーブのチェーンです。世界最大のコーヒーチェーンとして、米国のコーヒー文化の第2の波における、代表的な存在であると見られています。

お客様は、大規模なデジタルトランスフォーメーション・プロジェクトを立ち上げました。バリスタの管理作業を削減して、もっと消費者と向き合い、単一プラットフォーム上でのAI予測、アソートメント計画、及び補充業務を通じて無駄の削減を目指しています。

サステナビリティへの貢献

店舗単位の食品廃棄、及びトータル在庫を削減しました。

業務範囲での課題

顧客志向の改善

バリスタは、注文、在庫管理、予測などに1日約6時間を費やしていました。お客様は、バリスタがもっと消費者と向き合うことを望んでいました。

o9の支援

アナリティクスを活用し、マニュアル作業を最小限に抑えながら、予測、補充、在庫管理、アソートメント計画を1つのプラットフォームで自動化することが可能になりました。

不正確な予測

大量の食品廃棄が発生していました。店舗は500~5,000の商品を販売しており、天候、アソートメント、価格、周辺イベントなどによって需要が変動し、問題は複雑でした。

o9の支援

天候や地域イベントなどの主要な指標を組み込んだ予測を店舗・SKUレベルで実現しました。地域のイベント情報などを収集するため、バリスタに情報入力をさせていました。天候の変化や地域のイベントなどを考慮し、デジタルブレインが自動補充を実行します。

独自プロセスの活用

お客様は、データサイエンスに投資していました。これらのチームは、天候が需要や店舗へのトラフィックに与える影響を予測するアルゴリズムなど、独自のプロセスを開発していました。

o9の支援

Pythonで開発されたアルゴリズムをo9のプラットフォームに取り込むことができ、ビッグデータも扱えるクラウドネイティブなo9のインフラ上で、AIアルゴリズムを大規模に展開することが可能になりました。

価値提供

実装したコア機能

o9 エンタープライズナレッジグラフ(EKG)を活用して、店舗レベルでの予測や補充計画を実現しました。更に、プラットフォームのオープンソースAI/ML(機械学習)機能を利用し、お客様のデータ分析チームが独自のアルゴリズムを活用することができました。

リプレースしたシステム

自社開発システム(ASR)

享受したメリット

成功要因―o9を採用した3つの理由

  1. o9プラットフォームは、市場で最も先進的で、柔軟性があり、洗練されていると考えられていました。
  2. 色々な設定が可能で柔軟性があり、新しいワークフローを即座に作成することができました。
  3. o9プラットフォーム上で、データサイエンスチームは、独自のアルゴリズム(Python製)を実行することができました。

達成したKPI

  1. 店舗レベルでの、マニュアル作業によるプランニングと在庫管理に要する時間を短縮しました。
  2. 食品廃棄の量と金額を削減しました。
  3. アソートメント計画の改善と需要変動への迅速な対応が可能になりました。

デジタル・ブレインの採用で広がる可能性を確かめる