食品・飲料業界 デジタルブレイン

お客様は、世界最大のビール会社の1つであり、400を超えるさまざまなビールブランドのグローバルポートフォリオを所有しています。 グローバルブランドポートフォリオには、多くの象徴的な国際的及びローカルブランドが含まれています。

お客様では、すべての時間軸におけるエンドツーエンドのプランニングを、32カ国以上へグローバル展開する共通基盤で整備するために、SAP APOをリプレースすることを決定しました。AIを活用した予測や複数階層在庫最適化(MEIO)、LP最適化、リバースロジスティクスの計画など、高度な技術を活用しています。

サステナビリティへの貢献

食品廃棄、及び緊急配送を削減しました。

業務範囲での課題

需要予測

予測精度が低く、タイムリーな指標が活用できていませんでした。

o9の支援

内外の需要ドライバーにo9の高度に差別化されたML(機械学習)予測機能を適用し、予測精度向上、バイアスの低減、営業チームへの効果的な情報提供を実現しました。

シナリオ比較・検討

迅速に需給シナリオを検討することができていませんでした。主要なシナリオは表計算ソフトで作成されており、最適な意思決定は難しい状況でした。

o9の支援

制約条件(賞味期限、キャンペーン、物流・保管キャパなど)を考慮し、高度な需給マッチングアルゴリズムを実行できるようになりました。更に、それらを適宜シナリオ化することも可能になりました。

サイロ化された計画プロセス

時間軸(戦略、戦術、オペレーション)にわたる主要な計画プロセス(需要計画、供給計画、S&OP、S&OE)はすべて別々で実行され、各プロセスの関連性は理解されていませんでした。

o9の支援

すべてのチーム、時間軸に関する、すべての計画プロセスを、単一の統合されたプラットフォーム上で連結させることができるユニークな機能を手に入れました。

価値提供

実装したコア機能

o9エンタープライズナレッジグラフ(EKG)は、市場、需要、供給についての知識モデルの構築に活用されました。また、o9のオープンアーキテクチャを活用し、Gurobiで開発したLPソルバーと、RやPythonで開発した予測アルゴリズムを組み込みこともできました。

リプレースしたシステム

SAP APO

享受したメリット

成功要因―o9を採用した3つの理由

  1. 主要な機能を1つのプラットフォームにまとめ、様々な時間軸での計画と分析を組み合わせ、優れた意思決定を可能にしました。
  2. クラウドネイティブなプラットフォームにより、高度な分析、NLP、ソルバーなどの継続的な進化を可能にしました。
  3. 市場動向を上流のサプライチェーンのプロセスと連動させることができるようになり、o9のデジタル・ツイン技術により、エンドツーエンドのプロセス可視化を実現しました。

達成したKPI

  1. サプライチェーンの非標準コスト(フレキシビリティ確保やロジスティクス関連)を削減しました。
  2. 在庫を大幅に改善しました。
  3. 売上減少を抑制しました。

デジタル・ブレインの採用で広がる可能性を確かめる