アパレル業界 デジタルブレイン

お客様は、1963年に設立され、ウィスコンシン州ドッジビルを拠点とするアメリカの衣料品及び室内装飾品の小売業者です。カジュアルウェア、バッグや雑貨、家具などを専門としています。

お客様は、各チームの様々な時間軸での計画を、Excel上のマニュアル作業で実施していました。これにより、決して最適ではない意思決定が行われ、在庫やサービスレベルの課題を抱えていました。

サステナビリティへの貢献

緊急配送や、物流センター間の不要な転送が削減されました。

業務範囲での課題

サイロ化されたプランニング

主要な計画プロセス(需要計画・補充計画)はすべてサイロ化された仕組みで実行され、お互いに連携されることはありませんでした。

o9の支援

単一の統合されたクラウドネイティブなプラットフォーム上で、すべてのチャネル(小売、ユニフォーム、カタログ、オンライン/マーケットプレイス)、マーケットにわたる、すべての定番・季節商品の計画プロセスを連携させる独自の機能を利用できました。

需要計画

統計的な需要予測を実施できていませんでした。プランナーは、型番レベルでの売上実績のみに基づいて予測を作成し、サイズへの分解にも時間がかかり、詳細な分析を行うことができませんでした。

o9の支援

高度で協業可能なML(機械学習)ベースの予測を利用できるようになりました。これによって、データドリブンな例外処理ワークフローを実現し、煩雑な作業を軽減しました。

補充計画

補充計画を正確に実行するのが困難な状況でした。これは、分析に基づかない、マニュアル作業によるプロセスが原因でした。

o9の支援

店舗への補充計画とDCへの調達計画を、全マーケットの様々なデータ粒度と時間軸で高度に管理できるようになりました。正確な予測と安全在庫を活用した補充計画により、バランスの取れた店舗在庫が実現しました。

価値提供

実装したコア機能

o9エンタープライズナレッジグラフ(EKG)は、需要や補充の知識モデルを作成するために活用されました。効率性と正確性を高めるために活用される需要計画機能には、機会損失修正、異常値クレンジング、新製品導入のための特性ベースの商品マッピング、ML (機械学習)予測、原因分析への対策サポートモデル、サイズ分析などが挙げられます。

リプレースしたシステム

Oracle・Excel

享受したメリット

成功要因―o9を採用した3つの理由

  1. 統合された予測と補充を行うための単一でクラウドネイティブなプラットフォームの洗練された柔軟性を評価しました。
  2. o9チームの貢献は、単にプロジェクトを遂行するだけではなく、最終的に両社で価値を共有することができました。
  3. 小売業界における深い業界知識により、価値実現までの時間を短縮することが可能でした。

達成したKPI

  1. マニュアル作業による計画や在庫管理に要する時間を短縮しました。
  2. 在庫コスト、緊急配送コストを削減しました。
  3. オーダー充足率が向上しました。

デジタル・ブレインの採用で広がる可能性を確かめる