農業関連業界 デジタルブレイン

お客様は、クランベリーとグレープフルーツを栽培している、アメリカの農業協同組合です。マサチューセッツ州プリマス郡に本部を置き、現在700人以上の会員生産者が加入しています。

お客様では、トップダウンとボトムアップのビジネス・財務計画をサイロ化されたシステムで運用しており、連携されていませんでした。また、計画との差異解消はマニュアル作業で、時間がかかっており、計画サイクルの長期化につながっていました。

サステナビリティへの貢献

商品廃棄が減少しました。

業務範囲での課題

マニュアル作業での財務・経営計画

マニュアル作業での財務計画プロセス、計画と実績との差異分析は、人的ミスが多発していました。常に労力がかかる上に、計画の前提条件の可視化ができていませんでした。

o9の支援

差異検出を自動化し、対策立案を実現できました。対策の前提条件は、ビジネス環境変化に応じて動的に管理されます。P&Lへのインパクトを計算し、可視性を高めて不要な推測を排除します。

多通貨でのシナリオ比較・検討

財務予測に影響を与える要因を計画に含めようとすると、粒度が大き過ぎました。また、複数通貨のシナリオ比較が不可能でした。

o9の支援

粒度の細かいシナリオ比較を行うことができるようになりました。事業上の課題、成長の前提、将来へのインパクトなど、財務の見通しに影響を与える重要な要因を検討することができるようになりました。コロナ禍でのマージン関連の課題への対応に役立っています。

サイロ化された計画

事業部門間の可視化と連携が不十分なため、計画がサイロ化し、年間事業計画の完成が大幅に遅れていました。

o9の支援

高度に差別化されたエンタープライズナレッジグラフを活用し、組織全体の様々な計画機能を統合、エンドツーエンドの計画サイクル全体を短縮し、可視性と効率性を向上させました。

価値提供

実装したコア機能

o9エンタープライズナレッジグラフ(EKG)は、長期計画、年間事業計画、18ヶ月予測など、ビジネス及び財務計画モデルの構築に使用されました。

リプレースしたシステム

Hyperion Essbase・Excel

享受したメリット

成功要因―o9を採用した3つの理由

  1. o9プラットフォームの優れたUI/UXにより、組織内のユーザーへの幅広い展開が可能になりました。
  2. o9は、継続的なイノベーションによる未来志向のプラットフォームでした。
  3. o9のオープンアーキテクチャを利用して、組織に合わせてソリューションをカスタマイズすることができました。

達成したKPI

  1. 生産者への財務見通しが改善されました。
  2. 新商品のサイクルタイムが短縮しました。
  3. 生産性が向上しました。

デジタル・ブレインの採用で広がる可能性を確かめる