This website does not support Internet Explorer. Please, switch to Edge, Chrome, or Firefox browser to view this page.

Learn about IE support
ベストプラクティス

需要ドライバーを活用した需要予測とは..?

O9 blog ai retail demand forecasting
公開日: 読了目安時間: 1 分吉井 清 インダストリーソリューションズ本部 ディレクター
吉井 清インダストリーソリューションズ本部 ディレクター
公開日:

毎回同じような出だしで恐縮ですが、あっという間に3月に入ってしまいました。今年は、ご存知のように年明けから地震や事故が相次ぎました。犠牲になられた方々のご冥福をお祈りするとともに、一日も早く復興や事故原因の解明、再発防止策の徹底などが実現することを、願っております。
さて、春のイベント..と言えば、やはりバレンタインデーでしょうか。近年は、ハロウィンの方に勢いがあり、数年前には市場規模で抜かれた、という報道を見かけました。
https://www.kinenbilabo.jp/?p=779
*やや古い記事で恐縮です。

とは言え、今月のホワイトデーと合わせて、この時期の販促イベントとしては、まだまだ鉄板ではないでしょうか。元々このイベントを提唱されたチョコレート、お菓子業界だけではなく、プレゼントやギフトとなる商品がある会社やお店では、様々なプロモーションやキャンペーンが実施されています。
当然、このようなプロモーションやキャンペーンの効果を、色々な計画にも反映させなければなりません。経営層としてはP&Lにどんな影響があるのかに当然関心がありますし、生産・製造や物流の現場では、リソースに問題はないのか、もっと言えば残業対応などが必要なのか、を把握する必要があります。それでは、具体的にはどのように分析や予測を進めるのが良いのでしょうか?

一般的には..筆者の経験も交えてお話すると、そのプロモーションやキャンペーンの期間中の売上を何%か引き上げる、昨年も同じ時期に同じようなキャンペーンを実施していればその実績を(何となく)参照する、というような流れでしょうか。ただ、商品構成や品揃え、主力商品の価格設定などが昨年と同じ、という訳でもありませんし、天候や他のイベントなどの影響によって、店頭へのトラフィックも常に変化していますので、今ご紹介したような方法では、予測の精度を上げるのは難しい、というのが現実かと思います。

そこで登場するのが、ML(機械学習)を活用した予測や分析です。まずは、需要ドライバーと呼ばれる、お客様の購買行動に影響を与える指標やデータを特定することから始めます。例えば、以下はある商品の週別の売上推移を表したグラフ(図1)ですが、ここにその週の祝日の日数を加えてみます(図2)。

祝日の日数との間に、あまり大きな関係は見られないようです。そこで今度は、各週で何日程度プロモーションをしていたのか、またその際のディスカウント率を重ねてみます(図3)。

Illustration 3

今度は、売上が上がる時期にはプロモーションが実施されていた、ということがわかります。祝日の日数と比較すると、プロモーションの方が売上に大きなインパクトを与えていることが判明しました。
そこで、売上実績の時系列推移に加えて、このような需要ドライバーのインパクトを分析してグラフ化すると、例えば以下のようなビジュアル化(図4)が可能です。このグラフは、過去の売上実績について、ベースラインとなる時系列トレンドと、プロモーションの期間やその価格設定、その他のイベントやメディアなどでの露出、祝日や天候などの需要ドライバーの影響とを分解して表示しています。

このような分析ができれば、売上の予測についてもその分析や知見を活用することが可能になります。以下のグラフ(図5)は、図4で分析したベースラインに、将来のプロモーションなどの予定を反映させた、売上予測を表しています。単純な時系列分析と比較して、精度の高い予測を提供することができます。

o9ソリューションズでは、ここで述べたようなAIやML(機械学習)を活用した分析や予測を、お客様の計画業務プロセスに取り込むことが可能です。また、需要予測に合わせた供給計画の策定や、需要予測に影響を与えるような価格設定やプロモーション計画の最適化、いくつかのパターンでのシミュレーションやシナリオ比較などを通じ、より効果的な意思決定を、多くの世界的な企業でサポートさせて頂いております。

詳しくお知りになりたい方は、是非以下のページから詳細をご覧ください。
https://o9solutions.com/ja/solutions/supply-chain-logistics/
また、以下のウェビナーでは、小売・消費財業界に向けた、サプライチェーンのDX最新事情をご紹介しています。
https://o9solutions.com/aim10x/jp/webinar/小売・消費財業界向けデータドリブンで挑む/

また、今月はオンラインでaim10x digitalを開催予定です。
是非、以下から情報をご参照頂き、ご参加登録をお願いいたします。
https://o9solutions.com/ja/events/aim10x-digital/

筆者紹介

吉井 清 インダストリーソリューションズ本部 ディレクター

吉井 清

インダストリーソリューションズ本部 ディレクター

インダストリーソリューションズ本部で、主に小売や消費財業界のお客様を対象に、サプライチェーンに関する課題解決に向けたサポートを担当しています。ファッションやEコマースなどの企業で、サプライチェーン、オペレーション、マーチャンダイジングなどの業務を、25年以上経験しております。

リソース

関連記事

記事1 min

部門間のサイロを打破し全社統合された事業計画を実現

by o9 Solutions
O9 solutions partners with pepsico on global integrated business planning 1
記事1 min

新しいサプライチェーン計画システムの普及を進めるにはどうすればよいのでしょうか?

by o9 Solutions
Aim10x cpg 6 blog thumbnail
ホワイトペーパー

消費財メーカー向けサプライチェーンコントロールタワー

O9 e book ibp mockup
記事1 min

ローランドがo9を導入して業務の標準化を実現

by o9 Solutions
[o9 pr roland]
記事1 min

年末商戦と需要予測

by 吉井 清
Holiday campaign header
記事1 min

オリンパスのDX改革をウェビナーで解説

by o9 Solutions
Aim10xglobal 2023 hubilo agenda olympus