o9について

なぜ企業の意思決定を変革するための選択をするのでしょう?

Stephan de Barse writing updates on a white board during a meeting

なぜなら決定は御社の計画と地球にとって重要だからです。

より速く、より知的な計画とビジネス上の意思決定は、より良い財務結果すなわち事業計画の実現に直結します。しかし、それだけではありません。グローバルサプライチェーンは、地球上の資源を最も多く消費しています。優れた計画は、企業が地球の貴重な資源を無駄なく活用しながら、目標達成できることを実現化します。

計画と意思決定のプロセスが改善されると、透明性が高まります。組織のサイロを減らし、人々に力を与え、生産性を向上させます。その結果、従業員は仕事に満足し、家庭にも満足し、社会にも貢献できるようになります。o9は、こうした重要な課題に取り組む企業を支援するために、最高のプラットフォームとソリューションを開発することを使命としています。

会社概要

o9は、グローバル企業に革新的な計画ソリューションを提供することで価値を創造してきたテクノロジーの起業家、サンジブ・シドゥとチャクリ・ゴテムッカラによって2009年に設立されました。サンジブは1990年代初頭から2000年代にかけて、計画ならびにサプライチェーン・マネジメント・ソフトウェアの先駆者であるi2 Technologies社の創業者兼CEOです。チャクリは、複雑な問題を解決する世界トップレベルの製品開発に情熱を注ぎ、i2社の製品開発、営業、戦略など様々な立場で貢献してきました。

2008年にi2が買収された後、サンジブとチャクリは大きなチャンスを見出しました。インターネットとデジタルの時代は、グローバル企業が直面する変動性と複雑性の多様化を意味していました。同時にAI(人工知能)/ML(機械学習)、ビッグデータ、インメモリ・コンピューティングの進歩等、デジタル技術は、全く新しいレベルに成熟していました。 o9は「最も価値を生み出すエンタープライズ・ソフトウェア・プラットフォームを創造する」というミッションのもと、世界最高の技術、計画、業界の専門家を集めて誕生しました。

Sanjiv Sidhu, o9 co-founder and chairman, presenting in a meeting

サンジブ・シドゥ
会長兼共同創業者

“優れた意思決定プロセスを持つ組織は、貴重な地球資源を賢く管理でき、従業員にも刺激的で幸せな場所となります。それを実現することが私たちの使命です”

沿革

設立からの数年間、o9はグローバル企業のコンサルティングを行い、企業が計画や意思決定の変革において直面する課題を具体的に把握しました。プロセス、選択、データ、変更管理など、根本的に解決しなければならない問題が多々ありました。またビジネスモデルの急速な変化に対応するために、より柔軟なソリューションが必要でした。o9のチームは、この課題を十分に理解した上で、2014年末に発表された「o9プラットフォーム」の開発に着手しました。以来「o9」は、グローバル企業のDXを推進するプラットフォームとして、業界の枠を超えて、既存のソフトウェア企業と肩を並べるまでになりました。この事はプラットフォームに投入された革新的な技術と、o9のチームのレベルの高さを証明するものです。

2020年初頭、世界最大級のプライベート・エクイティ企業であるKKRは、o9の驚異的な成長、優れた顧客リスト、優秀なチームを評価し、1億ドルのマイノリティ投資を行いました。 o9は現在、積極的な事業拡大を続けており、多様な業界への営業・マーケティング活動、導入サポート、全世界・地域でのワールドクラスのチームの構築、コンサルティングおよび技術パートナーとの強力なパートナーシップなど、計画と意思決定をより早く、よりスマートに、よりシンプルにするためにプラットフォームの革新を続けています。

Chakri Gottemukkala, CEO of o9 Solutions and chief engineer of o9's Planning Platform, smiling in a meeting

チャクリ・ゴッテムカラ
CEO兼共同創業者

デジタル技術は人々の想像を超えて様々なことを実現します。私たちは今後何十年にもわたり経営を文系・理系の両面で変革するイノベーションを推進中で、これは非常に心躍る取り組みです。