オンデマンドウェビナー

o9 IBP はペプシコ社の意思決定と実行の効率を向上させています

開催概要

ペプシコの最高戦略兼変革責任者が、同社の統合事業計画の取り組みから得た洞察を共有します。


プログラム詳細

  1. カニオウラ氏は、組織を「企業戦略」「変革グループ」「デジタルグループ」「データ分析とAI」の4つの柱で構成しました。 この構造により、企業が業績を上げながら確実に変革できるよう、エンドツーエンドの変革が可能になります。
  2. ペプシコは、クラウド、最新化、運用化への投資により、データ分析を計画と意思決定に組み込むことで大きな進歩を遂げました。カニオウラ氏は、優先順位付けのフレームワークを持ち、イニシアチブの数を考慮し、ゼロ日目から変革管理を組み込み、ビジネスの優先順位にサービス設計原則を組み込むことをアドバイスしました。
  3. 統合事業計画 (IBP) は、単一の真実の情報源を作成し、統合計画のために部門を超えたチームを結集するため、ペプシコ社に興奮をもたらしています。
  4. ペプシコは、o9 プラットフォームを活用して、ESG 指標を IBP プロセスに組み込む機能を構築しています。これにより、ESG 指標をプランナーのワークフローに組み込んでトレードオフを可視化し、ESG 目標を達成しながら最高および最終のコミットメントを確実に達成できるようにしています。
  5. デジタル変革を成功させるには、チームから始めて、目標の変更を効果的に伝え、従業員をトレーニングし、従業員の多様性を高めることをカニオウラ氏は推奨します。ペプシコはデジタル アカデミーを設立し、全従業員に変革の基礎に関する必須のトレーニングを提供するとともに、従業員の専門分野に基づいた追加のトレーニングと認定を提供しています。

講演者

Athina kanioura 150x150.png

Athina Kanioura

Chief Strategy & Transformation Officer at PepsiCo

Stephan de barse 150x150.png

Stephan de Barse

Chief Revenue Officer at o9 Solutions, Inc.