ウェビナー

二酸化炭素排出量削減のための事業計画とテクノロジー

開催概要

表題:環境に配慮した経営意思決定の実施

プレゼンター:太田 陽介
ESGを考慮しない企業方針は今や時代に取り残されています。二酸化炭素排出量削減の取り組みや企業方針をどのようにして継続的な経営PDCに組み込むか、多くの企業は、その手法を理解することに注目しています。企業は、「必要経費を最小限に抑えて投資を実現するには何をすべきで、それによりどのような成果を期待でき、どのような実利を生み出せるのか?」などの質問を投げかけています。当セッションでは、こうした課題に取り組む旅へと繰り出した企業の例を用いて、現状と実際の経験をつなぎ、二酸化炭素排出量削減を組み込んだ経営メカニズムの設計に乗り出すために企業で何ができるかについて説明いたします。

プレゼンター:大槻ジョン
会社全体において環境に配慮したサプライチェーンを構築する上で対応が必要な課題や領域、特に地球温暖化ガス(GHG)排出量に関する各プランニングフェーズに焦点を当てて説明いたします。さらに、o9デジタルブレイン・プラットフォームを活用して収益を向上させるポイントをご紹介します。ぜひ、ご参加ください。

講演者

Yosuke ohta

Yosuke Ohta 太田陽介

Senior Managing Director, Accenture Japan

 

John otsuki, senior director, o9 solutions

John Otsuki

Senior Director, o9 solutions