オンデマンドウェビナー

次世代エンタープライズ プラットフォームの構築

開催概要

セッション概要:
o9ソリューションズの最高製品責任者が、最適な計画と意思決定を可能にする次世代テクノロジーについて詳しく説明します。

講演者(英語での講演を字幕翻訳付きで配信):
ウメシュ・アラス(Umesh Arasu)/o9 Solutions最高製品責任者

受講対象者:
計画テクノロジーの現在の傾向と将来の機能について理解を深めたいと考えているビジネスマネージャー、サプライチェーンおよび計画のご担当者様など

プログラム詳細

講演内容のポイント:

1. 企業がサプライチェーンのデジタル変革に取り組む場合、さまざまなセグメントの顧客に対応できることが重要なポイントとなります。その際に大きな課題となるのが、計画プロセスにおけるサイロの存在です。デジタル変革を実現する上では、こうしたサイロを打破し、計画プロセスを統合しなければなりません。

2. そのために必要になるのが、AIテクノロジーによって意思決定をサポートするツール =「デジタルブレイン」です。o9のデジタルブレインには、計画プロセスと企業をつなぐ次世代の意思決定テクノロジーが集約されています。デジタルブレインは、さまざまなソースからリアルタイムデータを収集し、高度な AI/ML 分析を使用して需要分析を行い、リスクと販売機会を分析するための仮説シナリオを生成します。また、リアルタイムのコラボレーション機能により、ビジネスの関係者がリアルタイムでつながり、最適な意思決定を行うことを可能とします。

3. o9のデジタルブレインに搭載されたエンタープライズナレッジグラフ (EKG) は、さまざまなタイプのデータ構造を接続してリアルタイムに伝播し、データレイクを統合。ビッグデータを計画策定に使用できるナレッジモデルへと変換します。さらにEKG は、予測インテリジェンス、処方分析インテリジェンス、学習インテリジェンスなど、多様なインテリジェンス機能も提供します。

4. 企業が変革を成功させるには、スピード、品質、柔軟性に重点を置く必要があります。 o9のデジタルブレイン・プラットフォームと EKG は、さまざまな業界に共通するビジネスモデルの特徴とベストプラクティスを集約することでこうした要求に応えます。このアプローチにより、標準化機能を維持しながらも、企業固有の拡張と独自のビジネスニーズに対応することを可能にしています。

5. 企業の意思決定マップは、計画サイクルとプロセス全体にわたる意思決定を統合し、最適化するために非常に重要です。EKG を活用すれば、企業のデジタルツインをモデル化し、プロセスの各段階で行われる重要な決定を視覚化することができます。これにより、計画の実行がさまざまなプロセスにどのような影響を与えるかを理解し、改善すべき領域を特定することが可能になります。

講演者

Umesh arasu 150x150.png

Umesh Arasu

Chief Product Officer at o9 Solutions, Inc.